O・T・テクノリサーチ株式会社

 

社員ブログ

 

社員ブログ

社員ブログ
フォーム
 
新春交流パーティー
2011-02-01
ブログ006を担当します佐々木と申します。
 
調査部に所属しており、現場での調査や報告書作成などの業務をしております。
新卒ですので、社内の皆様にはご迷惑をおかけしています。
それでも様々な業務がこなせるよう知識や技術を習得している日々です。
まだまだ軽輩の身ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、先日は会社の入居している施設、「21世紀プラザ研究センター」(会社案内の写真参照)が新春交流パーティーを開き、私たちO・T・テクノリサーチも参加いたしました。
21世紀プラザ研究センターには私たち以外にも様々な企業があり、活気ある施設となっています。
研究センターという名の通り、技術力のある企業が多いです。それが功を奏して、互いに意見を出し合って切磋琢磨ということも。
話を戻しますが、新春交流パーティーでは施設内の企業の皆様と会食を楽しみました。このような交流会が年を通して何度か行われるのも楽しみのひとつとなっています。
今回のパーティーでは「加茂綱村太鼓」の名演を堪能してまいりました。
近くで観ていたのですが、自分の体に響いてきたその迫力に圧倒されてしまいました。
そしてなによりかっこよかった!

終わってみて、社内の皆様のみならず、21世紀プラザの皆様にもお世話になっていることを改めて感じました。
とてもよい環境に恵まれていて、日々業務に携われることを幸せに感じています。
いずれ一人前の社会人になれるよう、精進してまいります。
長文失礼しました。読んでくださり、ありがとうございます。
 
がんばります
2010-12-28
ブログ005を担当します河野と申します。
 
調査部に所属し、現地調査や報告書作成に携わっております。
今年の夏は暑く厳しい日が続きましたが、川に入り、涼みながら調査した記憶もあります。
また高所恐怖症であり、クモや毛虫が嫌いな為、現場調査時にはいろいろと迷惑をかけております。
 
さてホームページができ、当初は格好良いモデルのお兄さんがトップページを飾っておりましたが、「社員でやろう」との社長の一声で・・私になりました。
社長がカメラを構え、笑うのを必死に我慢したのが伝わることと思います。
またトップ
ページを飾ったことにより、ひょっとしてオファーがきたり・・・なんて考え、現実逃避をしたこともありましたが、本業に集中し社員一同良い成果品が作れるように頑張っていきたいと思います。
 
芋煮会
2010-10-28
ブログ004を担当しますTと申します。
 
私がこの橋梁補修・点検業務に携わるようになってあっという間に3カ月が過ぎてしまい、気がつけば会社の前の木々はすっかり秋色に染まり、道路には枯葉が多く見られるようになりました。
そんな秋本番の10月23日(土)には晴天のもと七北田公園で「芋煮会」を開き、日頃現場に出ている社員も参加し、久しぶりに社員全員が顔を合わせ和やかな一日となりました。
きっと、楽しく過ごしながらも全員揃ったことでひとりひとりがこれからの時期にむけて気持ちを新たに出来たのではないでしょうか?
まだまだ勉強不足ですがこれかも宜しくお願いします!
 
架け橋
2010-09-22
ブログ003を担当します樽石です。
 
会社では調査部に在籍し、現地調査から報告書とりまとめまでと営業業務を担当しております。
それにしても今年の夏は暑かった!現地調査に出る際、当初は500ml入りの水を朝1回と昼1回買っていたのですが、最後は朝2Lのペットボトルを買うようになっていました。
(会社の若い人たちはいろいろな飲み物を手にしていますが、水やお茶が一番美味しく感じられるのはやはりトシのせい?)
歳と言えば、これまでたくさんの橋梁を見てきましたが、決して「古ければ傷んでいる」と言う訳ではない、という所がとても面白いですね。
建設当時の技術や建設場所の気象などいろいろな条件が複合的に作用しているのでしょう。
しかしどんな橋であれ、効率的な重機などない時代に苦労を重ねて作り上げた当時の人たちの思いが現代まで形になって残っている。
我々はそれをどのように次の世代に受け継いでいくのか。
橋を渡る人々の安全性と快適さのためにどのような手を加えて行くのか。
その端緒となる業務に携わる事は誇れる事と感じています。
いろいろな所で使われる「架け橋」って、いい言葉だなあ、と思っています。
 
コンクリートコア
2010-08-27

ブログ002を担当させていただく板坂と申します。

今、私の斜め向かいの席では、新人の佐々木くんがコンクリートコアと悪戦苦闘しています。
床版から塩分試験用のコンクリートコアを採取したのですが、採取する際にバラバラになってしまったようで、立体パズルを組み立てるように・・・。
コアは円柱で、スライスしたように割れてしまっているため、ぴったりくっついても崩れてくるらしく、両面テープやセロテープでぺたぺたと貼りながらの作業のようです。
向きを間違ってしまうと塩分試験の結果に影響が出てしまうため、慎重に・・・慎重に。
私からはちょっと楽しそうに見えたのですが、
本人は「とっても大変!です」と真面目に答えてくれました。
写真撮影から10分後、無事に完成したようです。
日々の地道な作業が、橋の安全につながっていくんですね。

 

<<O・T・テクノリサーチ株式会社>> 〒981-3203 宮城県仙台市泉区高森2-1-40 21世紀プラザ研究センター205号 TEL:022-377-6241 FAX:022-377-6242