O・T・テクノリサーチ株式会社

qrcode.png
 
 
O・T・テクノリサーチ
株式会社

 

仙台本社
宮城県仙台市

泉区大沢2丁目12-4
仙台泉インターシティ3F
TEL:022-343-9961
FAX:022-343-9962
E-MAIL:ottr@ottr.jp

 

埼玉事業所

埼玉県狭山市水野698-4

TEL:04-2957-7471

FAX:04-2968-7955

 

建設コンサルタント

登録番号 建31第10633号

登録部門 鋼構造及びコンクリ

     ート部門


 

 
 
 
 
115513
 

社員ブログ

 

社員ブログ

社員ブログ
フォーム
 
津波被害地域の点検―その2
2011-09-12
あの日(3月11日)から6ヶ月が経ちました。
地震と津波の被害を受けた地域を調査しました。
橋の鋳鉄製高欄のポストが根元から折れておりました。
上流側の高欄の被害が甚大でした。多分、引き潮の影響でしょうか。
沿岸の地盤は、少し沈下したのでしょうか?いたるところに海水が流れ込んで居りました。
河川周辺の建物は、そのほとんどが流されたり、損傷がありました。
そうした中で、損傷構造物を撤去(ブレーカー)し、補修している状況が、そこここにありました。
地元では皆さん復興に向け、たくましく明日に向かって頑張っておりました。
当社も、その一助になるべく対応します。
−鳥海廣史−
 
衝撃波弾性法によるコンクリートの非破壊調査の講習会を実施しました。
2011-07-19
以前より当社で対応しておりましたiTECSによる非破壊調査技術のレベルアップをはかるべく、7月7日にアプライドリサーチ株式会社の境さんをお迎えしてiTECSの講習会を行いました。
アプライドリサーチ株式会社はiTECSをはじめとしたコンクリート非破壊検査機器の開発や構造物の診断を行う会社であります。
今回、社内講習として境さんにiTECSの理論から、測定方法を教えていただきました。
iTECSはコンクリートの強度・厚さ・内部空洞・ひび割れ深さを弾性波を使い非破壊で測定できます。
コンクリート表面を打撃し、同時にセンサーを接触させて応答を測定します。
その際機器には周波数が画像表示され、具体的な厚さや周波数の数値、弾性波などがわかります。
取扱いは非常に簡単ですが、結果の見方についてわかることの方が大切でした。
波の形状が何を表しているか、数値はコンクリートの強度に対して正常な値かなど、情報を読取る力が必要なのだと感じました。
  今回の講習という非常に良い機会を得ることができ、当社の社員はますます構造物の診断力に磨きをかけることができたのではないかと思います。
境さんからは「叩いた数によって診断力がレベルアップする」というお言葉を頂きました。
我々としても、今回の講習技術をさらに現場に活かすよう、iTECSを使い込んでいこうと思います。
 皆様さらにレベルアップした当社の技術を有効に活用願います。
 
建築構造物の劣化診断行います。
2011-06-09
鳥海です。
この度、当社は一般社団法人設計改修センターの会員となり、建築構造物の診断を開始いたしました。
設計改修センターは、既存構造物が抱える劣化の問題に対し、専門技術をもって維持保全、長命化及び機能の向上に資する支援活動を行い、劣化診断・改修設計事業を通し、良好な住社会環境の確保に貢献し地域生活の向上と社会福祉の増進に寄与することを目的としています。

一般社団法人設計改修センター
     ↓
http://www.ks-center.net



 
部屋を移動しました。
2011-06-01
部屋を移動する!!

鳥海廣史
 
平成19年の8月30日に起業し、ただちに仙台市泉パークタウン高森2丁目に位置する21世紀プラザ研究センターに入居し、この度部屋を移動しました。
当初の315号から⇒112号⇒210号⇒205号となり3回目の移動ですが、仲間(社員)も増え部屋の広さも少し大きくなりました。
お近くにお越しの時は是非お立ち寄り下さい。
今後とも役に立つ会社を目指します。どうぞよろしくお願いいたします。

 
津波被害地域の震災点検
2011-04-27
今回の地震で津波の被害が大きかった地域の震災点検に行ってきました。
がれきと泥だけの何もないところにポツンと残っていた歩道橋。
テレビや新聞で被害状況の写真は目にしていたものの、
今までの人生で一度も目にしたことのない光景に言葉を失ってしまいました。

 
<<O・T・テクノリサーチ株式会社>> 〒981-3137 宮城県仙台市泉区大沢2-12-4 仙台泉インターシティ3F TEL:022-343-9961 FAX:022-343-9962