O・T・テクノリサーチ株式会社

 

構造物の詳細調査診断

 

構造物の調査診断について

構造物の調査診断について
 
当社は、今までの多くの経験をもとに、各種構造物のコンクリートコアボーリング調査、ひびわれ調査、内部欠陥調査、鋼材の腐食度調査、板厚測定などの各種調査計測業務を行い、報告書を作成いたします。
 

調査機器

調査機器
   
【電磁波レーダー】
電磁波をコンクリートの表面から内部に向けて放射し、対象物からの反射信号を受信することにより、鉄筋や空洞などの位置や深さを画像表示・記録します。
   
【リバウンドハンマー】
内蔵されているハンマーが、バネの力でコンクリート表面を打撃し、その反発度(R値)を強度推定式に代入し、圧縮強度を推定。圧縮強度を推定する上で影響する因子として、コンクリートの配合・材料・養生・含湿・表面状態・方向などがあり、これらを補正することにより精度を向上させることができます。
   
【コンクリートテスター】
ハンマーでコンクリートを打撃したときの打撃力の時間波形を推定・解析することにより、簡便かつ高精度なコンクリート構造物の品質管理を可能にしたコンクリート専用の非破壊検査装置です。
   
【iTECS6(弾性波レーダーシステム)】
iTECSのセンサーをコンクリート表面に押しつけ、センサーの近傍を鋼球などのインパクターにより打撃すると、弾性波が発生し、コンクリートの中を伝搬します。この弾性波はコンクリートの弾性率、密度によって、運搬する速度が変化するとともに、内部に空洞などが存在すると空洞位置で反射する性質があります。iTECSはこのインパクターによる打撃によって生じる弾性波をセンサーで観測し、弾性波の伝搬速度、反射時間などを推定して、コンクリート表面、内部の状況を非破壊で検査するシステムです。
   
【塩分濃度測定キット】
既存コンクリート構造物の塩化物量の診断時において、フレッシュコンクリート中の[塩分測定計 カンタブ]を用い、硬化コンクリート中の塩分量を簡便に測定することができます。
<<O・T・テクノリサーチ株式会社>> 〒981-3203 宮城県仙台市泉区高森2-1-40 21世紀プラザ研究センター205号 TEL:022-377-6241 FAX:022-377-6242